AGA治療薬の種類

AGA治療薬の種類には大きく分けると男性ホルモンによって発毛が阻害されるのを抑制する成分であるフェナステリドを含んだ「プロペシア」と毛母細胞に働きかけて細胞の働きを活性化させる「ミノキシジル」という二つの薬があります。
プロペシアは飲む育毛剤として医師の処方箋によって処方される頓服薬になります。
ミノキシジルも飲む育毛剤として医師の処方箋によって処方される頓服薬でもありますが、実は実際に頭皮に塗布して使う外用薬としても使われることがあります。

プロペシアはもともと前立腺肥大の治療薬として開発されたという経緯があり、男性ホルモンの発生を抑えるという効果があるために、EDや性欲低下といった副作用が出る恐れがあるため、取り扱いは慎重に行う必要があります。
ミノキシジルはもともとは高血圧症の薬として開発された経緯がありますので、高血圧症の薬との併用は避ける必要があります。
また低血圧で悩んでいるという人も血圧が下がり過ぎてしまう危険性がありますので、医師に相談をして処方を受けるということが必要になっているんですよ。 AGAクリニック 女性の薄毛治療クリニック

AGA治療薬プロペシアの効果・副作用

AGAの治療薬の一つであるプロペシアというのは、一体どのような薬なのでしょうか? もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されたのがプロペシアという薬になります。 ただ、プロペシアを服用していた前立腺肥大や前立腺がんの患者さんに、毛髪の得試聴効果があるということが分かり、のちにAGA治療薬として海外で承認され、日本では2005年にMSDが販売を開始したという薬です。

AGA対策としては抜け毛を防止することと、毛髪自体を強く育てるという効果をもつ薬として販売されていますが、臨床試験によって発毛効果があるということが認められています。 前立腺肥大をはじめ、男性特有の病気や薄毛は、男性ホルモンの一つであるDHTの影響と言われていますが、プロペシアはこのDHTの生成を阻害する効果があります。 男性ホルモンの一種であるDHTの生成を阻害するため副作用として男性機能や性欲を低下させる副作用があると言われています。

その副作用の発言率は非常に低く、1%に満たない数字になっています。 ただし、妊娠している女性や妊娠の可能性がある女性がプロペシアに触れると、胎児が男児だった場合に生殖器官の発育に影響があると言わrているので気を付けるようにしましょう。 横浜でおすすめのAGAクリニック

AGA治療薬ミノキシジルの効果・副作用

ミノキシジルは発毛剤としてAGA治療に使われていますが、そもそもはどのような薬なのでしょうか? ミノキシジルはじつはもともとは血圧降下剤として開発された薬になっています。 ただ、血圧降下剤の副作用として、多毛症を引き起こすことがあるということが確認され、この頻度がとても高かったために発毛剤としての臨床試験が実施され、発毛薬としてすぐれた効果があることが分かったという経緯があります。

ミノキシジルは頭皮の血流を高めることが出来る薬で、血流が高まることで毛根部分にある発毛組織にしっかりと酸素と栄養を運ぶことが出来るようになるため、毛が育つことが出来るようになる。 という効果があります。

外用薬として頭皮に塗布するタイプと、内服薬としてタブレット上の頓服薬を飲むタイプの二種類があります。 おおきな副作用はありませんが、外用薬として使った場合には、頭皮のかぶれやかゆみなどが起こることがあります。 また高血圧治療の薬を飲んでいる場合、また低血圧で悩んでいる場合には、血圧が下がり過ぎてしまう危険性がありますので、この点は注意が必要になってきます。 大阪の薄毛治療クリニック

AGA治療薬は個人輸入よりも専門クリニックでの処方がおすすめの理由

AGAの治療薬として有名なプロペシアやミノキシジルは、日本では一部の育毛剤にミノキシジルが含まれているのを除けば、基本として医師の処方が必要な処方薬なので、どうしても一般的には手に入れにくい医薬品になっています。 そのため、中には個人輸入を行い、海外で販売されているプロペシアやミノキシジルを手に入れて服用しようとしている人もいるようです。 ですが、もともとAGAが起こる理由というのが、個人によって違いますし、プロペシアやミノキシジルによって起こる副作用の発現率なども異なります。

医師の処方が必要な処方薬として取り扱われている理由を考えると、個人輸入で購入をして手に入れることには危険性があるということが分かってくるのではないでしょうか?プロペシアもミノキシジルも適量を使うことが大切ですが、個人でこの適量を知ることは難しくなります。 このような点を考えると、やはり個人輸入で手に入れるよりは、AGAの専門医に相談をして処方をしてもらうということが必要になる医薬品であるということをしっかりと知っておく必要があるのではないでしょうか? 札幌の病院でAGA治療

更新履歴